トップイメージ
契約店舗でいずれもの保有カードが使用可能なのでもない◇クレカの契約店は多くは、ときには5を超えるカード会社に入っていますが、いかんせん全部の加盟店舗で全部のブランドの所有カードが使えるわけではありません。一例をあげれば旧態然としたショップの際にはJCBの入っているそのクレカしか切れない場合もありますし最近できた加盟店ではVISA、マスター名前の入っているクレジットカードしか決済不可なときもあります。ディスカバーのようなカード会社だったら、さらに使用できない店舗が増えるんじゃないでしょうか。どの所有カードが決済可能かというのをどんな方法で見分けたらいいんだろう?「じゃあどのようにしてどのクレカが決済可能かというのを見分けたらいいか?」といってはみたものの、正確にチェックするんだとすると店舗の従業員にお見せしてみるのみ、というのが残念ながらその回答です。ただほとんどのお店やレストランには入口のところなどに決済可能なクレカの案内が入っているステッカーが貼られているので、「ふーんここのショップはライフカードが決済できるんですね」というふうに不安にならないようにされてるので留意しておいていただけるとよいと思います。というものの、きっちりと加入管理が出来ていない加盟店の場合には、シールが貼り付けられている店舗でも「現在ではご提示いただいたカードは決済いただけません」という対応を受けてしまう場合もないわけでもなくメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。やっぱり可能な限りはより多くの店舗でクレカが切れるようにするためにも、異種の会社(インターナショナルな印)がプリントされている一般的なビザカードMasterCard、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、などのカードを2、3枚使えるようにしておくようにするようお勧めします。(例えば:セゾンカードをいつも使っているならその次はディスカバーカード契約のクレジットカードを契約するなど等)。特に国内では、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのロゴが書いてあるカードをその都度財布に入れておけばだいたい日本各地のカード決済可能店舗で3枚のうちどれかのクレカを切るようスタンバイOKということになります。クレカを使いこなして効率的にキャッシュレス生活を継続していくには、早いうちにどんな場面でも支払い可能なカードを契約しておいてほしいとおもいます。

リンク

Copyright © 1998 www.atticusshop.xyz All Rights Reserved.